宮澤賢治センターホーム 宮澤賢治センターホーム
あいさつ 定例研究会のご案内と報告 お知らせ 賢治学 宮沢賢治センター入会のご案内 宮沢賢治リンク集
お問い合わせ
 
第97回定例研究会



開催日時:2017年11月24日(金)17:00〜18:00

演 題:『春と修羅』と、オルゴールの謎

講 師:赤崎 学 氏(元北里大学非常勤講師)

会 場:岩手大学農学部1号館2階1号会議室



赤崎氏
講師の赤崎学氏
 


【発表要旨】

 新校本全集の編集者であった入沢康夫は1971年初出の論文「詩集『春と修羅』の成立で」で、現行の『春と修羅』301頁が、一回の清書で成り立ったのではなく、四段階で成り立ったものと考えた。私は、この推理が『春と修羅』の第八章「風景とオルゴール」の性格を捉えるのに、大きな意味を持つと思う。賢治は『春と修羅』の終わらせ方を、模索しながら巻末部の「自由画検定委員」を、「鎔岩流」に変えて、それをさらに「冬と銀河ステーシヨン」に差し替えたと、考える。
賢治はこの詩集巻末を差し替える作業で、春で始まった詩集を、「冬」で終えることを狙ったのではないだろうか。もう一つ、1980・90年代に、池上雄三、奥山文幸らによって、『春と修羅・第一集』と、『銀河鉄道の夜』を結びつける考えが出されてきた。私は、奥山のように「風景とオルゴール」の章が、もうひとつの『銀河鉄道の夜』であるとは考えない。むしろこれらは対立しあうものではないだろうか。妹トシの死(「無声慟哭」「オホーツク挽歌」)を受けて、片方に死の世界をさまよう『銀河鉄道の夜』の世界が生まれて、もう一方に生の世界への帰還である「風景とオルゴール」の世界が生まれたと、私は考える。