宮澤賢治センターホーム 宮澤賢治センターホーム
あいさつ 定例研究会のご案内と報告 お知らせ 賢治学 宮沢賢治センター入会のご案内 宮沢賢治リンク集
お問い合わせ
 
第95回定例研究会



開催日時:2017年7月21日(金)17:00〜18:00

演 題:賢治童話の言葉遣いについて
     〜標準語と方言のはざまで〜

講 師:小島 聡子 氏 (岩手大学人文社会科学部准教授・日本語学)

会 場:岩手大学農学部1号館2階1号会議室



小島氏
講師の小島聡子氏
 


【発表要旨】
 宮沢賢治の時代は、現代の「標準語」や口語体の書き言葉の形成・確立期にあたり、宮沢賢治の言葉遣いには、確立期ならではの「標準語」の揺れの中に方言の影響を見出すことができる。今回は、『賢治学』第4輯で取り上げた中から「ほしいくらい」について紹介する。
 『注文の多い料理店』の序文に「氷砂糖をほしいくらい持たないでも」という一文がある。
 「ほしいくらい」は「望むだけの量、十分に」というような意、現代なら「ほしいだけ」「好きなだけ」に当たると思われる。コーパス(現代日本語書き言葉均衡コーパス・日本語歴史コーパス)を利用して、「ほしいくらい」を調べてみると、近代でも現代でも当該例と同様の例は見当たらない。しかし、岩手県内ではこのような「ほしいくらい」は今も用いられ、学生たちのような若い世代にも通じる言い方として存在する。「望むだけ十分に」の意の「ほしいくらい」は、当時から岩手県周辺の地域独特の表現であった可能性が考えられる。
 さらに、宮沢賢治と同時期には、「好きなだけ」「ほしいだけ」も見当たらず、「好きなほど」「望むだけ」「望むほど」が、この意味で用いられた例がわずかにあるほかは、「思う存分」「思うまま十分に」の形が少しある程度で、「標準語」として確立された表現はなかったようでもある。
 形としては「ほしい」も「くらい」も地域独特の語であるわけではなく(恐らく「くらい」の用法が独特であるのだが)、「標準語」として確立された表現もないため、「ほしいくらい」が地域独特の言葉遣いであることに気づかず、「標準語」の文脈で用いていると考えられる。