宮沢賢治センター ホーム 宮澤賢治センター  
あいさつ 定例研究会のご案内と報告 お知らせ 賢治学 宮沢賢治センター入会のご案内 宮沢賢治リンク集
お問い合わせ
 
第91回定例研究会



開催日時:   2016年7月29日(木)  17:00〜18:00

演 題:     賢治童話絵本化の試み

講 師:     中村 一基 氏(岩手大学教育学部名誉教授・国文学)

会 場:     岩手大学人文社会科学部1号館2階第1会議室
 

 


【発表要旨】
 1980年代、著作権保護が解除になって、賢治童話絵本の出版が自由になったなかで、谷川雁主宰「ものがたり文化の会」が、15冊の賢治童話絵本を制作・発行する。谷川は賢治童話に絵や音楽は必要なく、あえて行うのは<冒険>であり、その<冒険>に挑戦出来るのは、「第一級の想像力」を持った<抽象美術家>と考えた。本講演では、現在、「絵本学会」等で注目されている賢治童話絵本化に関する論議を、谷川の賢治童話絵本化を「立体化」の一環であるというヴィジョンをめぐる、抽象美術家たちとの対話の検討、童話に付された説明的挿絵である賢治童話絵本は、「絵童話」と称すべきこと、説明的挿絵が言葉によるイメージ喚起力を削ぐことで《諸刃の剣》になる可能性があること、テクストの解釈の差異と画像の非対応の問題は、賢治童話の<隙間>を「多義的な解釈」とする具象画家と、「美術家・音楽家の居場所」と考える谷川と抽象美術家との意識の差異に関わること、という観点で考察を行った。