宮沢賢治センター ホーム 宮沢賢治センター ホーム
テキスト版トップサイトマップ
あいさつ 定例研究会のご案内と報告 お知らせ 宮沢賢治センター入会のご案内 宮沢賢治リンク集
お問い合わせ
 
11月定例研究会


2006年12月例会
小岩井ウォーク

開催日時:   2006年11月7日(火)  17:00〜18:00

演 題:     「賢治の得業論文について」

話題提供者: 亀井 茂 氏
         (岩手大学農学部附属農業教育資料館研究員)

会 場:     岩手大学情報メディアセンター 図書館 
         2階 生涯学習・多目的室
 

亀井茂氏
話題提供者の亀井茂氏

 


 賢治は三年生の秋から得業(卒業)研究にとりかかる。最初土壌学の関教授の指導を望んだが、希望者が多く、そこで肥料学の古川仲衛門教授のもとで、関教授の助言も受け専攻実験を行う。その研究対象は火山灰土壌であり、この種の土壌は東北ではもちろん、岩手でも当時不毛の原野として広く分布する腐食を多く含む土壌で、賢治は単に「腐食質土壌」と称しているが、実際は火山灰を母材にした腐食質土壌で、それは腐食質火山灰土壌とも呼ばれたが、今日では黒ボク土と云われている。
  二年生の盛岡附近地質調査で、賢治が担当した盛岡の北西地域の大部分は沖積台地(第四紀更新世)であり、その台地はこの種の火山灰由来の土壌で覆われていること、また関教授の研究対象土壌であることも知っていた。賢治もまたその不良「腐食質土壌」の改良を目的に、その土壌の「腐食質中ノ無期成分ノ植物ニ対スル価値」のテーマで取り組んだ。

 
 
006年12月例会   定例研究会トップ  小岩井ウォーク